自己破産の費用を分割でできる事務所は?

自己破産の費用を分割にしたいと考えている方はこちらのページを参考にしてください。自己破産は費用が結構かかってしまうので、費用は分割対応の事務所でなければ支払いがかなり厳しくなってしまいます。

自己破産の費用を分割でできる事務所は? > 自己破産費用分割|初期費用無料で自己破産できる事務所は?

自己破産の費用を分割にしたいと考えている方はこちらのページを参考にしてください。自己破産は費用が結構かかってしまうので、費用は分割対応の事務所でなければ支払いがかなり厳しくなってしまいます。

費用がかさむ自己破産は分割払い対応の事務所へ

借金解決の最終手段とも言える自己破産。
その手続にはそこそこの費用がかかってしまいます。

自己破産をするくらいなので、手元に資産、財産や現金を持っていないこともよくあるでしょう。

そんな人は自己破産の費用を分割払いに対応している事務所を選ぶほかはないでしょう。
でなければ自己破産をしようと思っているのに、さらに金策に走らなければならなくなります。

最近では自己破産に限らず、借金の専門の弁護士事務所や司法書士事務所では費用を分割対応しているところは少なくありません。


自己破産をするなら司法書士事務所ではなく、弁護士事務所を選びましょう。
司法書士事務所では、取り扱える案件は、金融機関一件の借金が100万円までとなっています。

住宅ローンや、会社の倒産などの場合には100万円では効かないくらいの多額の借金になっていると思います。


全国対応で、費用分割対応、相談は何度でも無料の弁護士事務所に「弁護士法人サルート」という事務所があります。


⇒ 弁護士法人サルート WEB相談申込




ネットから気軽にWEB相談ができる事務所なので、わざわざ足を運ばなくても自己破産の相談を無料ですることができます。
費用面にも柔軟に対応してくれて、対応も良いと口コミで評判の事務所です。

自己破産の費用分割対応は弁護士法人サルートのWEB相談を利用してください。


⇒ 弁護士法人サルート WEB相談申込
 

自己破産のメリット、デメリット

自己破産は借金解決方法の最後の手段です。
自己破産を選ばざるを得ない状況は色々ありますが、そのメリット、デメリットを知っておきましょう。


まず、メリットですが、税金を除く全ての借金がチャラになります。
友人や知人などの個人から借りている借金も法律上は無効になります。

これがなんといっても最大のメリットでしょう。



次にデメリットです。

●持っている資産を全て差し押さえられます。
持ち家を筆頭に、土地、生命保険、車、有価証券などなど現金化できるものは全て差し押さえの対象になります。

●信用ブラックになってしまいます。
向こう5年~10年、信用情報を参照する、クレジットカードを含む借金が原則できなくなります。

●官報という政府発行の書籍に名前が掲載されることになります。
ここに名前が掲載されても、一般の人が見ることは殆ど無いので、会社や親戚にバレるということはほとんどありません。
このデメリットは、ヤミ金業者が官報を見てDMや電話をしてくるということです。

●特定の職業につけなくなります。
・商工会議所会員
・株式会社の取締役及び監査役
・有限会社の取締役及び監査役
・証券会社の外務員
・旅行業者
・宅地建物取引業者
・中央卸売市場の卸売業者
・建設業法に定める建設業者
・生命保険の募集人
・損害保険代理店
・風俗営業及びその管理者
・警備員

これは破産申立をしてから免責が下りるまでの間だけです。

●その他破産管財人管理が入り、自由にできることが減る
・長期旅行
・郵便物の制限
・引っ越し
などがあります。


税金を除く全ての借金がチャラになる自己破産ですが、デメリットもかなり有ります。

自己判断で自己破産にすることを決めたのなら、もしかしたら自己破産をしなくても借金を解決できる方法があるかもしれません。
借金の専門家に相談すれば、様々な角度から借金の解決方法を提案してくれます。

自己破産をするにしても、他の方法を取るにしても、借金の専門家にまずは相談してみることをおすすめします。
費用面に関しても親身に相談に載ってくれるでしょう。

 

リンク集